homebrew→nodebrew→gulpまでの導入手順に手こずったので改めてまとめてみる #1

先日後輩にコーディングを教えようと思った際にSASSどころかnodeもhomebrewも入っていないとのことでびっくり。仕方ないので環境構築をしようと思ったのですが微妙に手こずったので、homebrew -> nodebrew -> gulp までの手順を改めて説明しておきます。

環境は言わずもがなMac OSです。バージョンまでは確認していないですがMac以外の方は別のドキュメントをご参照ください。

homebrewのインストール

そもそもhomebrew とは
homebrewは、macOS 用のパッケージマネージャー、様々なソフトウェアの導入を楽にしてくれるツールだと思えば大丈夫です。

を叩いて

などとバージョンが表示される方はすでにhomebrewが入っているので飛ばしてもらって大丈夫です。

まず下のコマンドを叩きます。

すると次の文言が出るはずです。

エンターキーを押して続けます。

自分のパソコンに入る時のパスワードを入れます。

これが表示されたら成功です。

nodebrewのインストール

そもそもnodebrew とは
nordebrewはnode.js用のバージョン管理ソフトです。今回はhomebrewを経由して導入します。

を叩いて

などと表示される場合はすでにnodebrewが入っているので飛ばしてもらって大丈夫です。

さて、万が一事前にnodebrewが入っていた時のことを考えて、先にnode.jsをアンインストールしておきます。

また、node.jsに付属してくるnpmというツールもアンインストールします。

もしも事前にhomebrewをインストールしていた上で、nodeをインストールしていた可能性を考え、homebrew経由でもアンインストールをしておきます。

では、homebrewを経由してnodebrewをインストールします。

↑念のため入ったか確認してください。バージョンが表示されれば成功です。

ここまでいったら、PATHを通すためにbash_profileを書き換えます。

vimを起動してbash_profileを書き換えます。emacs派閥の方はemacsで編集しても構いません。vimを使ったことがない方のために説明をしておきますと、

まずこのような画面が表示されると思います。キーボードで「i」を叩くと左下に「– INSERT –」と表示されます。これで編集可能なモードです。

編集モードにしてから、適当な場所に

をコピー&ペーストします。

コピー&ペーストしたら「esc」キーを押して「:wq」をに入力しエンターを押します。元のターミナル画面に戻れば成功です。

そして、bash_profileの編集を行なったので再度読み込みをします。

うまく行けば今後の作業がうまく進行するはずです。

node.jsのインストール

さて、nodebrewはあくまでもバージョン管理ソフト、問題はちゃんとnode.jsが入るかどうかです。ちなみにですがnode.jsは名前の通りjsをベースとしたサーバーサイドの開発環境です。今回はSASS等のコンパイラとして利用するgulpの実行環境として導入します。

まずは、最新のnode.jsをインストールします。

そして導入したnode.jsのバージョンを確認します。

導入したバージョンが表示されると成功です。

そして、確認したバージョンをnodebrewで使用するバージョンとして設定します。

最後に、再びnodebrew listを実行し

になっていれば成功です。

念のため、

の2つを実行してください。2つともバージョンが表示されれば成功です。

最後に確認したnpmというものがgulpをインストールするために必要なツールになります。

次回はgulpのインストールを行います。

Social Share Button